登山の知識&ヒヤリハット
登山者の主体的な学びを支援する学習サイト by 日大工学部 嶌田研究室

ヒヤリハット記事 検索条件設定/確認

ヒヤリハットで疑似体験

雪上訓練時に体調不良

2018年9月25日印刷
発生日 2018年04月30日
体験者名 2018S002
登山地域 北アルプス北部 白馬八方尾根・唐松岳
登山概要

4 月 27 日(金)移動日 バスタ新宿~白馬町バスターミナル
28 日(土)入山日 白馬八方バスターミナル~八方尾根スキー場~八方池山荘~八方池 BC
29 日(日) 八方池 BC~雪上訓練 A~八方池 BC
30 日(月) 八方池 BC~雪上訓練 B~八方池 BC
5 月 1 日(火) 八方池 BC?雪上訓練 C?八方池 BC
2 日(水)アタック日 八方池 BC~唐松岳~八方池 BC
3 日(木)下山日 八方池 BC~雪上訓練 D~八方池山荘~白馬八方バスターミナル

ヒヤリハットタイプ

体調不良、日焼け

ヒヤリハット本文

入山して初めの雪上訓練時は好天だった。日差しがとても強く、雪の上にいるため下からの照り返しもとても強いものだった。しかし日焼け止めを塗らず、天気が良かったのでかなり肌を出してしまっていた。テントに戻ってから顔が痛かったがそのまま放置し、就寝しようと思ったが、顔が痛くてあまり寝付けなかった。
そして朝、あまり体調が良くなかった。食欲もなく、朝からクラクラする。そして顔から液体、かさぶたのようなものが顔を触ったらついていた。訓練時により酷くなり途中で相談し訓練は予定より早く終了した。テントに戻り薬はバファリンか何かを飲んで就寝。翌日も前日に引き続き体調不良なのでゆっくり体を休めることになった。一日しっかり休息を取ったため体調は回復した。

要因分析
装備や外的要因の分析(3×3要因分析表)
装備
コース
山の状況
装備
コース
山の状況
装備
コース
山の状況
好天
登山者自身の内的要因分析(技術、知識、体力、経験等)3×5登山者分析表
楽観的・希望的な解釈
調査・観測結果に基づくリスク対策行動
安全最重視の行動
リスク低減行動の継続的実践
その他
楽観的・希望的な解釈
日焼けに対する危機感はなかった
調査・観測結果に基づくリスク対策行動
日焼け止めはちゃんと塗る
安全最重視の行動
リスク低減行動の継続的実践
その他
13人のパーティー
楽観的・希望的な解釈
日焼け止めを塗れば良かったと後悔
調査・観測結果に基づくリスク対策行動
安全最重視の行動
リスク低減行動の継続的実践
その他
対策

山を降りてから地元の病院に行きお医者さんからスキーとか雪山の時には日焼け止めをこまめに塗って、肌をなるべく出さないようにしなさいと言われた。
首元の日焼けもかなり酷かったので帽子は必ず着用しツバは広いモノを使用する。

学びの場

ヒヤリハット体験への学習レポートを書き込んだり、学習レポートへコメントをつけたりしてみんなで対策を考えましょう。
※学習レポートの書き込み及びレポートへのコメントの投稿はログインユーザのみ利用可能です。

新しい学習レポートを書き込む
(ログインユーザのみ利用できます)
20181018 2019年7月3日印刷
STEP2 省察
装備や外的要因の分析(3×3要因分析表)
装備
コース
山の状況
装備
コース
山の状況
装備
日焼け止めクリーム、帽子、帽子の日よけ
コース
山の状況
登山者自身の内的要因分析(技術、知識、体力、経験等)3×5登山者分析表
楽観的・希望的な解釈
調査・観測結果に基づくリスク対策行動
日焼け対策は極めて重要な問題であることの意識がない
安全最重視の行動
リスク低減行動の継続的実践
その他
楽観的・希望的な解釈
調査・観測結果に基づくリスク対策行動
安全最重視の行動
リスク低減行動の継続的実践
その他
楽観的・希望的な解釈
調査・観測結果に基づくリスク対策行動
安全最重視の行動
リスク低減行動の継続的実践
その他
STEP3 概念化

■類似した自分の登山経験

■どのように対応すべきと考えたか

■今回の分析で獲得した知識や技術

日焼けは重要な問題です。
今回のように体調が悪くなったり、雪目になると目を開けることができなったりと
歩行することが困難になります。
日焼けの問題は意識することで防げるので適切に対応することが重要である。
具体的には以下の通り。
・UVカットの衣類や帽子などの着用
・長袖シャツは半そでにできるが、半そでは長そでにすることはできない。
・雪上ではサングラスが必須。
・露出しているところには日焼け止めクリーム

■今回の分析で得た(気づいた)発想

STEP4 専門家との意見交換や登山での実践を行った結果

STEP2とSTEP3の内容の振り返り結果

このレポートに投稿されたコメントはまだありません。