登山の知識&ヒヤリハット
登山者の主体的な学びを支援する学習サイト by 日大工学部 嶌田研究室

ヒヤリハット記事 検索条件設定/確認

ヒヤリハット共有の場

高度障害にてヘリ搬送

2018年2月26日
発生日 2017年05月07日
体験者名 2017年Y134
登山地域 農鳥岳
登山概要

■パーティ人数:2人
■山行スタイル:個人山行
■宿泊:テント泊
■登山内容:縦走
■天気:4泊5日予定で中2日ほど強風で大荒れ、あとは晴れ

ヒヤリハットタイプ

■解決種別:救助要請(警察・消防)
■登山計画時にそのリスクに対する検討を行ったか:した
■行動中にリスク回避や軽減が行えたか:した

ヒヤリハット本文

西農鳥から農鳥小屋への下りで雪の状態が悪かったが、ピッケルではなくストックをもったまま斜面に入ってしまい1名が滑落、指を斜面に刺してなんとか止まる(斜面がゆるかったため加速せず)。その後もう一名もやや滑落。農鳥小屋で夕方17時近くになりその日の幕を張る。農鳥から来た50-60代男性パーティーが西農鳥の斜面をあがっていくのを見ていると、また1名が滑落。斜面に対する恐怖心が生まれる。 その後二日ほど悪天候のため停滞となり、最終日に大門沢下降点からの下山を決めるも、西農鳥の斜面への恐怖心から、一旦荷物を持たずに偵察へ出る(7時過ぎ)。いけそうだとわかりテント撤収に小屋まで降りて支度を終える頃、男性40歳が具合の悪さを訴えた。過呼吸のような呼吸の乱れから始まり、手の硬直があらわれる。本人からの希望で同行の私(38歳女性)が救助要請を行う。20分かからずにヘリが到着、病院へ搬送された。血中酸素濃度の低下がとのことで、点滴ならびに酸素マスク?にて状況改善。入院なし。治療終了が13時ごろ。

要因分析
装備や外的要因の分析(3×3要因分析表)
装備
コース
長いコースのため、勇気を持った撤退もあり。 (笹山ダイレクト~仙丈ヶ岳)
山の状況
天候が悪そうなので、停滞もありえる。
装備
コース
山の状況
装備
コース
山の状況
滑落が同じ斜面で2時間以内に3度ほど起きていることから、西農鳥の斜面に対してかなりナーバスになっていた。 停滞が思ったより長くなり、帰れるかどうか怪しくなってきて焦った。
登山者自身の内的要因分析(技術、知識、体力、経験等)3×5登山者分析表
楽観的・希望的な解釈
調査・観測結果に基づくリスク対策行動
安全最重視の行動
リスク低減行動の継続的実践
その他
楽観的・希望的な解釈
調査・観測結果に基づくリスク対策行動
安全最重視の行動
リスク低減行動の継続的実践
その他
楽観的・希望的な解釈
調査・観測結果に基づくリスク対策行動
安全最重視の行動
リスク低減行動の継続的実践
その他
状況が悪かったため、何度か県警?に相談で連絡を入れていた。これが実際の救助要請のときのスピード感に繋がったと思う。(事前相談の良し悪しは別として)
対策

ゴールデンウィークの長期3000m級縦走は天候に不安があった場合は控える。高山病の症状のバリエーションについて学習上級救命救急の講習を受けているが、その復習など

学びの場

ヒヤリハット体験への学習レポートを書き込んだり、学習レポートへコメントをつけたりしてみんなで対策を考えましょう。
※学習レポートの書き込み及びレポートへのコメントの投稿はログインユーザのみ利用可能です。

新しい学習レポートを書き込む
(ログインユーザのみ利用できます)
20181004 2018年9月18日
STEP2 省察
装備や外的要因の分析(3×3要因分析表)
装備
ピッケルを使用する可能性があることを前提で計画を作っていたかは疑問。
防寒対策はできていたか?
コース
下山ルートを考えている点は良かった。
コースの詳細な現状(インターネットに載っている今年のルートの情報)の下調べが出来ていたかは疑問。
山の状況
事前に山の状況は把握していたか?
装備
防寒対策はできていたか?
コース
山の状況
装備
停滞時に防寒対策はなされていたか?
血中酸素濃度を測定できるパルスオキシメーターなどを装備して毎日測定して把握していればなお良かったかもしれない。
コース
もっと早い段階で撤退できなかったか?
山の状況
ナーバスになっていた際の対処は適切であったか?
登山者自身の内的要因分析(技術、知識、体力、経験等)3×5登山者分析表
楽観的・希望的な解釈
上級救命救急の講習を受けていて、高山病時などの予防や処置、対処の勉強していただろうが、復習はしていなかった。
調査・観測結果に基づくリスク対策行動
今回、高山病が疑われる事案があったので、このメンバーと山のレベルは適切であったかを再検討するべきだと思う。
安全最重視の行動
高山病の知識をつける。
上級救命救急講習の復習や、自分で高山病について詳しく研究する必要がある。
リスク低減行動の継続的実践
その他
上級救命救急の講習を受けている登山者がいたの良い点だと思う。
楽観的・希望的な解釈
調査・観測結果に基づくリスク対策行動
安全最重視の行動
睡眠時間の確認など。
リスク低減行動の継続的実践
その他
楽観的・希望的な解釈
このメンバーと山のレベルの選択は適切であったか?
調査・観測結果に基づくリスク対策行動
血中酸素濃度が低かったとのことなので、停滞時の行動(適度なストレッチ)、偵察時のこまめの相互の体調確認が必要だと思う。
安全最重視の行動
こまめの相互の体調確認の実施。
防寒対策の徹底。
不安を煽らないように、ピッケルの積極的の使用。
リスク低減行動の継続的実践
その他
迅速な救助要請連絡は適切だったと思う。 2日間の停滞中は、適度なストレッチなど、体を動かすことはしていたのか?
STEP3 概念化

■類似した自分の登山経験

雪山でナーバスになった経験は何度かあるが、その際は私のパーティーのリーダーがラジオから流れてくる面白い話題を拾って話しをするなど、なんとかこの不安な雰囲気を打開させようとしていた。

■どのように対応すべきと考えたか

ルートの状況をもっと詳しく調べていれば、より暖かい服装を持っていくなど装備の変更が考えられていたかもしれない。ルートの調査は、同じ登山者が行ったわけではないので完全に信用してもいけないかもしれないが、参考程度にインターネットで過去の同時期の山行記録、直近の山行記録、過去に起こった遭難の情報などたくさんのことを調べなくてはいけないと思う。また、このパーティと時期、天候、装備を考慮して本当に行ける山であったかも考え直す必要があったかもしれない。

また、ナーバスになった際こそリーダーの素質が問われると思う。

■今回の分析で獲得した知識や技術

■今回の分析で得た(気づいた)発想

STEP4 専門家との意見交換や登山での実践を行った結果

STEP2とSTEP3の内容の振り返り結果

停滞時はこまめにストレッチなどを行うと、不安も紛れたり、テント内でのエコノミークラス症候群の発症を防げる。
相手がナイーブになったときにはどのようにするべきかを考えておく。
天気が回復する兆しをしっかりパーティーに説明するなど、客観的な事実を調べておく。

このレポートに投稿されたコメントはまだありません。