登山の知識&ヒヤリハット
登山者の主体的な学びを支援する学習サイト by 日大工学部 嶌田研究室

ヒヤリハット記事 検索条件設定/確認

ヒヤリハットで疑似体験

道に迷ってビバーグ

2018年1月23日印刷
発生日 1982年8月頃
体験者名 2017年Y109
登山地域 薬師岳
登山概要

■パーティ人数:2人
■山行スタイル:個人山行
■宿泊:山小屋
■登山内容:縦走
■天気:雨

ヒヤリハットタイプ

■解決種別:自力下山
■登山計画時にそのリスクに対する検討を行ったか:した
■行動中にリスク回避や軽減が行えたか:した

ヒヤリハット本文

雨の中、2名で薬師小屋を出発。頂上付近は風が強く、立山までの縦走を計画していたが、しばらく歩いた後でルートから外れていることが判明。戻ろうとしたが風雨が強くて、且つ霧で視界不良で周囲を殆ど見ることが出来ず、進んでは崖の際に出る、ということを数度繰り返した。山小屋泊の予定で前日は薬師小屋宿泊だったが、縦走の場合は必ずツェルト(ペグと張り縄も持参)と寝袋を持っていっていたので、また、山小屋でも半分は自炊予定だったので、暗くなる前の15時前に風をよけることが出来る場所を探して幕営した。雨風でテントの中は水びだしで寝袋もびしょびしょで寒くて寝付くのに苦労した。地図とコンパスを見ながら、だいたいの場所を確認したが、想像と違っていたのでコンパスが狂っていると二人とも判断した。因みに二人とも取り敢えず一流といわれる工学部の出身であるが、思い込みとは恐ろしいものだと後で感じた次第。地図とコンパスが示した場所は正しい場所だった。震えながら2晩をすごしたが風雨は一向に衰えず、仕事の予定もあったので3日目の朝にアンザイレンして、とにかく上に登ったら間もなくして頂上についた。テントの中では、二人とも自分だけは生き残ると思っていて、「いい奴を亡くしました」とのインタビューでの言葉を用意していた。重くはなるが、テント、寝袋と充分な食料、自炊用具があったことで、何事もなかったように下山できたのは僥倖であった。

要因分析
装備や外的要因の分析(3×3要因分析表)
装備
一般ルートなので多少重くなっても余分ともいえる食料を持っていく。
コース
山の状況
装備
山小屋泊だったのでシュラフカバーだけ持っていこうと思っていたが、前日パートナーに電話で確認したら寝袋持参とのことだったので、不承不承当方も寝袋を持っていった。大正解だった。
コース
山の状況
装備
コース
急峻な崖を下りようとしたらパートナーが、一般ルートでこの下りはおかしいと言い、初めて迷っているらしいことに気づいた。単独行だったら突き進んだろうことは間違いなかったろう。
山の状況
登山者自身の内的要因分析(技術、知識、体力、経験等)3×5登山者分析表
楽観的・希望的な解釈
調査・観測結果に基づくリスク対策行動
安全最重視の行動
リスク低減行動の継続的実践
その他
楽観的・希望的な解釈
調査・観測結果に基づくリスク対策行動
安全最重視の行動
リスク低減行動の継続的実践
その他
楽観的・希望的な解釈
調査・観測結果に基づくリスク対策行動
安全最重視の行動
リスク低減行動の継続的実践
その他
対策

一般ルートでも、アルプスなどの大きな山塊の縦走にはビバークに充分過ぎるくらいの装備をするべき。

学びの場

ヒヤリハット体験への学習レポートを書き込んだり、学習レポートへコメントをつけたりしてみんなで対策を考えましょう。
※学習レポートの書き込み及びレポートへのコメントの投稿はログインユーザのみ利用可能です。

新しい学習レポートを書き込む
(ログインユーザのみ利用できます)
20181027 2019年7月5日印刷
STEP2 省察
装備や外的要因の分析(3×3要因分析表)
装備
山小屋泊の山行でもツエルト、コンロ、食料を持参していた
コース
山の状況
装備
コース
山の状況
装備
コース
山の状況
登山者自身の内的要因分析(技術、知識、体力、経験等)3×5登山者分析表
楽観的・希望的な解釈
調査・観測結果に基づくリスク対策行動
安全最重視の行動
リスク低減行動の継続的実践
その他
楽観的・希望的な解釈
調査・観測結果に基づくリスク対策行動
安全最重視の行動
リスク低減行動の継続的実践
その他
楽観的・希望的な解釈
調査・観測結果に基づくリスク対策行動
現在位置を把握することができなかった
安全最重視の行動
現在位置の把握に確信が持てなかったので行動(歩く)しなかった。
崖を下ろうとしたときにパートナーのおかしいという意見を受け入れて無理に進まなかった。
リスク低減行動の継続的実践
その他
STEP3 概念化

■類似した自分の登山経験

■どのように対応すべきと考えたか

一般ルートから外れているときに、おかしいなという気配を感じられればよかったが、視界が悪くて強風のときにガレ場を歩くようなルートだと気配を感じ取るのは難しい。経験知が求められます。
現在位置がわかならいときにはむやみに行動しないでビバークしたのがよかった。

■今回の分析で獲得した知識や技術

悪天候で視界が悪い状況では現在位置の把握が困難だと分かっているので、歩き方を変える必要があります。小まめに現在位置を把握しながら進むべきでしょう。普段はそんなことしなくてもよいですが、天気の状況に合わせて行動の仕方を変えるべき。
今回のようにビバークするのはいいですね。ビバークするのを遭難と同じようにとらえる方が多いですが(下山予定日に帰らないと心配されるのはもっともですが)、状況が悪いときにはビバークして天気の回復を待つのは正解だと思いますし、もっと積極的に活用すべきと考えます。

■今回の分析で得た(気づいた)発想

STEP4 専門家との意見交換や登山での実践を行った結果

STEP2とSTEP3の内容の振り返り結果

このレポートに投稿されたコメントはまだありません。