登山の知識&ヒヤリハット
登山者の主体的な学びを支援する学習サイト by 日大工学部 嶌田研究室

ヒヤリハット記事 検索条件設定/確認

ヒヤリハットで疑似体験

親子熊と遭遇

2018年2月26日印刷
発生日 2016年10月21日
体験者名 2017年Y127
登山地域 雲取山
登山概要

■パーティ人数:1人
■山行スタイル:個人山行
■宿泊:日帰り
■登山内容:山頂往復
■天気:曇時々晴

ヒヤリハットタイプ

■解決種別:自力下山
■登山計画時にそのリスクに対する検討を行ったか:少しした
■行動中にリスク回避や軽減が行えたか:しなかった

ヒヤリハット本文

   持病があるので、ゆっくりと歩いた。後ろの登山者に登山道を譲ると次々と抜かれていた。いつの間にか前後には登山者の姿は見えなかった。鴨沢コースの堂所を過ぎると、登山道はやや急登になる。足元ばかりみて、必死に歩いていた。私は、右足膝を痛めている。しかも気管支喘息持ちなので、肺活量が少なくなっている。若い時の半分の2.000ccしかない。息を整えるために、何回も止まっては、登山道の先を見た。堂所と七ッ石小屋下南分岐の中間あたりは、登山道が直角に右に曲がって尾根の左側から右側へトラバースする。ここは、富士山のビュー・ポイントだ。早く富士山を撮影したいな。  午前7時20分、ビュー・ポイントまでの距離は約30m。おや黒い犬がいるようだ。中型犬が右へ左へと動いている。最近の登山者は、平気で飼い犬を連れて来るから困ったものだと思った。しかし、登山者の姿が見えない。目を凝らしてみると犬ではなく子熊だ。そばには、大きな熊がいた。母熊は、ずうっとこちらを見ている。  慌ててザックを降ろし、熊鈴を取り出して強く鳴らす。おや、逃げないぞ。まだ私の方を見ているぞ。そうか、熊鈴に慣れているのか。今度は、ホイッスルを「ビー、ビー、ビー、ビー」と思いっきり吹く。  子連れの母熊は、神経質になっているので、攻撃されるかもしれない。ストックを最長に伸ばすために目線を手元に移す。足がぶるぶると震えているのが分かる。背中を見せて逃げてはいけない。熊は、動く物を追うからだ。熊の方へ目線を向けたまま、ゆっくり後ろへ下がるといいと聞いたが、どうしても動けない。  至近距離だからやられると思って、ゆっくりと顔を上げた。そこには、親子熊の姿はなかった。しばらく呆然としたが、助かったと安堵した。登山道には栗やどんぐりがたくさん落ちていた。そうか、左の谷から登山道へ上がって来て、食べに来たのか。 ともかくほっとした。

要因分析
装備や外的要因の分析(3×3要因分析表)
装備
コース
山の状況
奥多摩ビジターセンターのホームページにより熊の生息地であることは知っていた。しかも秋は連日のように目撃情報が寄せられていた。雲取山も出没が多い山域の一つである。熊鈴とホイッスルを持参しよう。
装備
いつもは、必ず熊鈴を付けるのであるが、今日は登山者が多いので大丈夫だろうと思い、ザックのポケットにしまって、6時頃出発した。
コース
山の状況
装備
コース
山の状況
登山者自身の内的要因分析(技術、知識、体力、経験等)3×5登山者分析表
楽観的・希望的な解釈
調査・観測結果に基づくリスク対策行動
安全最重視の行動
リスク低減行動の継続的実践
その他
楽観的・希望的な解釈
調査・観測結果に基づくリスク対策行動
安全最重視の行動
リスク低減行動の継続的実践
その他
当日は、平日にもかかわらず登山者が多く、小袖乗越にある丹波山村村営駐車場も午前5時45分頃には半分位車が止まっていた。その後も次々と車が到着しては、登山者と出発していた
楽観的・希望的な解釈
調査・観測結果に基づくリスク対策行動
安全最重視の行動
リスク低減行動の継続的実践
その他
熊のことは失念していた。持病のため、果たして雲取山までたどりつけるだろうか。
対策

○熊鈴は登山者の多い、少ないにかかわらず必ずつけて鳴らしてあるく。時々ホイッスルを吹く。 ○奥多摩ビジターセンターのホームページ等により熊の出没日と場所を調べる。 ○足元だけでなく、絶えず登山道の前方をよく見る。

学びの場

ヒヤリハット体験への学習レポートを書き込んだり、学習レポートへコメントをつけたりしてみんなで対策を考えましょう。
※学習レポートの書き込み及びレポートへのコメントの投稿はログインユーザのみ利用可能です。

新しい学習レポートを書き込む
(ログインユーザのみ利用できます)
20181020 2019年7月5日印刷
STEP2 省察
装備や外的要因の分析(3×3要因分析表)
装備
コース
山の状況
装備
クマよけ用の鈴をつける
コース
山の状況
装備
コース
山の状況
登山者自身の内的要因分析(技術、知識、体力、経験等)3×5登山者分析表
楽観的・希望的な解釈
調査・観測結果に基づくリスク対策行動
クマ対策の調査
安全最重視の行動
リスク低減行動の継続的実践
その他
楽観的・希望的な解釈
調査・観測結果に基づくリスク対策行動
安全最重視の行動
リスク低減行動の継続的実践
その他
楽観的・希望的な解釈
調査・観測結果に基づくリスク対策行動
逃げたり、熊を興奮させるような行動をしないのがよかった
安全最重視の行動
できるだけ遠方を見るように歩く
リスク低減行動の継続的実践
その他
STEP3 概念化

■類似した自分の登山経験

これまで登山中に3回、クマと遭遇しました。1回目は対岸を歩くクマでこのときはのんびりと眺めていました。2回目、3回目は30mぐらい先でクマを発見しましたが、クマの方が自分に気づき、ものすごい勢いで逃げていきました。

■どのように対応すべきと考えたか

■今回の分析で獲得した知識や技術

最近は、熊の出没情報を頻繁に聞きます。遭遇しないことを神頼みするしかないような状況ですね。お互いに無用な争いが起きないようにしたいです。現実的な対応としては、鈴をつける(常時、なっているよりもランダムになるようにつけられるとよいですね)、時々、笛を吹く、遠くを確認しながら歩くようにする、遭遇した時には逃げない、相手を興奮させない、大きく見せてゆっくりとにらむ、などでしょうか。
10mから20mぐらいの接近したところに熊がいたら察知できる能力が身につくとよいですが難しいですね。熊検出センサーなんてできないでしょうか。

■今回の分析で得た(気づいた)発想

STEP4 専門家との意見交換や登山での実践を行った結果

STEP2とSTEP3の内容の振り返り結果

このレポートに投稿されたコメントはまだありません。